読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つけ蕎麦 尚念

権堂駅近く、カウンター5席の小さなお店です。営業時間 11時00分〜14時00分、18時00分〜20時00分(材料無くなり次第終了)。定休日:金、土、日曜日の夜。第3水、木曜日。

ペペさんの教え


ホセ ムヒカ氏という大統領を皆さんはご存知でしょうか?
「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれ、大統領の報酬月給の9割近くを社会福祉基金に寄付し、大統領公邸には住まず、郊外の農場で奥さんと畑仕事や養鶏をしながら暮らしているそうです。
現在は任期を終えていますが、今でもウルグアイの人々からは親しもをこめて「ペペ」と呼ばれているそうです。
東京都知事も見習って欲しかったですが…冗談はさておき。

彼の思想が実に豊かで、その生き方も素晴らしいのです。そのムヒカ氏が日本の若者に向けた4つの教訓から少し紹介したいと思います。
・消費主義に支配されない事
現代の消費主義では、企業からこれを買え、あれを買えと新しい製品や洋服、ブランド、ありとあらゆるモノを僕達にお金を使うようにしむけてきます。

それに甘んじてモノを買い続ければ、お金を稼ぐために長い時間を費ややなければない、そうすると自由な時間はどんどん減っていきます。
本当に必要なモノを買うことで時間もお金も増えるでしょう。

・歩き続けよ
人生で最も重要なのは歩き続けることです。それはつまり、転んでも毎回起き上がること、新たに何かを始める勇気を持つということ、何かに打ち負かされた時にまた立ち上がるということ。

ペペは若い頃世界を変えるために戦ったそうですが、世界を変える事は出来なかったそうです。そして牢獄に入れられ10年以上を過ごしたそうです。その辛い時があったから、今の自分があると言っています。

・同じ志を持つ仲間を見つけて闘争せよ
社会は集団というツールが無ければ変わりません。もしあなたが今の現状に不満を持っているなら、同じような不満を持っている仲間を見つけて仲間にしてください。仲間を集めて集団を作って主張すれば、大きな力はなくとも、社会に意識を植え付けることができます。

これまでも、社会はこうして少しづつ変化してきました。100年も前は労働時間が15時間以上もあり、それを8時間に変えたのも仲間を集めて闘争したからだそうです。
仲間を見つけて集まってください、そして戦ってください。

・自分の利己主義を抑えよ
すべての生命はエゴイズム(利己主義)があります。それは自分自身を守るため、自然が私達に与えてくれたものです。でも人間は一人では生きていけません。
必ず他者を必要とする生き物です。

他人に勝つために戦うのをやめてください、自分自身に中にあるもののために戦うのです。

見習うことばかりですね。
このような考え方を持つことや、知るだけでも、少し成長した気分になれます。
行動に変えることができれば更に良いのではないでしょうか!

ちなみに、世界幸福度ランキングではウルグアイは29位。日本は53位だそうです。また日本の子供の貧困率は先進国でダントツ1位のようです。

今日から、お仕事や学校の人は一週間が始まります。仕事や勉強も大切ですが、自分の時間や考え方を、いま一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。

今日も一日全力で頑張りましょう!